2017年07月08日

平成29年7月8日号

九州に発生した大雨被害。福岡、大分で16名死者が出ている。まだまだ増えそうな勢い。熊本大地震からまだ何年も経ってないのにまた募金を少し。海外では北朝鮮のICBMの発射。日米がどう安全、安心の政治的議論の重要性と北朝鮮への締め付け、圧力、報復はどこまで進展するのか、ままならない状態だ。国内での一大事の事件は東京都議会議員選挙。小池都知事の完全勝利と自民党議員の完敗。まるで5年前の民進党が自民党を敗った衆議院の総選挙を思い出す。小沢代表の大失敗から始まった野田首相より安倍内閣の誕生に移行した国民の判断。日本の政治に人材不足が目立つ。小池さんの方が人材と受け止めかねない現実である。安部さんが内閣改造を早くとり組んだ方がよい。任命責任に値する内容が多すぎると思う。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年07月01日

平成29年7月1日号

選挙はあまり期待も批判もしたくない無党派の一人である。しかし私個人は社会的動物である以上無関心ではいられない。自分自身の物の見方や考え方が、80歳の今までずっと変更、反省、誤解や歳の違いによる思考停止(わすれっぽさの増し方)が著しいのには残念乍ら認めざるを得ない。「千曲川」小宮山量平著(理論社刊)を読む機会に亡きT君の棚から見つけ読み直している今週である。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年06月24日

平成29年6月24日号

西行の「方丈記」の中に死について「願わくば・・・」という文章がありますが今週はこの「方丈記」を岩波文庫版で読むことをお勧めしたいと思う。私が80歳になって思い出したのがこの本のことである。国文科(法政大学)を中退した我が友T君から若い頃に進められて読んだ事がある。他の文庫に惹かれてこの時は気が付かなかった文庫である。社会情勢が悪いときこそ文化変革期の時代こそ「考える」人間の言葉だと思える。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年06月17日

平成29年6月17日号

国会はテロ法案を参院通過で会期延長ナシで一段落。安倍首相もほっと一息。森友学園騒動から加計問題と安倍首相の個人友人関係、野党連合軍の必死攻撃から逃れる様に閉会となった。責任追及と民主主義の破滅だという警告を発する責任追及の論理は私の個人意見など通る余地はない。しかし、栃木選出の茂木氏と佐藤氏2名はよく存在価値を発揮している。派閥はどこか知らないが二階堂幹事長と菅官房長官の2人のサムライの人物評価が少し物足りない。安倍さんの方が国際的、外交的にも世界の中で通用する人材であるのは事実のようである。特に米国のトランプと較べ安心、安全であるように思われるのは私一人の思惑であろうか。

上野動物園でパンダの赤ちゃん誕生で喜びに沸いている。そうかと思うとイギリスの政界ではメイ首相が選挙で敗れたり、テロ騒動、高層ビルのマンション火災、30名以上の大火災による死亡事故が発生したり、イギリスは混乱を極めている。一方フランスの若い大統領が当選し、活躍するフランス国民の良心の反映は喜ばしい。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年06月10日

平成29年6月10日号

私の若い頃読んだトフラー「第三の波」40代のころ、いとこの結婚式のスピーチに取り上げた挨拶が忘れられない。最近アマゾンに載せている本が売り上げにあがっているのには喜ばしい。最近のIT産業が順調に伸びている現状を予言していたと思うと長生きはするものだと思う。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年06月03日

平成29年6月3日号

卓球、サッカー、プロ野球交流戦、将棋の藤井4段(中学生)の天才的活躍など日本も若い人達がどんどん育っているのはよき指導者のたまものであることは確か。日本人の優秀性は見逃せない。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年05月27日

平成29年5月27日号

アマゾンとの取引再開。約3万冊から2万冊削除(焼失分)、残り約1万冊で5月24日再出発。販売の本の数が激減されることは致し方ないというもの。オーナーに怒られっぱなしの毎日である。

大相撲の方は矢張り稀勢の里は途中休場。怪我したところを早く治し、来場所は元気な姿を見せて欲しいものだ。なんだかつまらない春場所になったものだ。しかし遠藤や宇良や長野出身の力士やら好きな相撲取りがいるのでせっせと仕事場から帰ってきて楽しんでいる毎日である。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年05月20日

平成29年5月20日号

先週又もや北朝鮮で弾道ミサイルが打ち上げられ全世界から非難が殺到し、特に領海の外ではあるが日本海に着弾した。日本はアメリカが敵だといっても目標ではあっても日本に向けてでもあるわけで日米安保で守られている日米は防衛と経済的制裁で圧力をかけるのは当然である。地元の韓国は折しも話し合いで解決策をという革新派の新大統領が決まり、日米韓の3国は中国に助けを求め習近平総統に圧力のお願いを強めている状況だ。戦争だけは避けなくてはいけない。日本の憲法9条の改正問題と共に安倍内閣にお願いしなくてはならない。そこに真子さまの婚約が決まったという嬉しいニュースが入ってきた。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年05月13日

平成29年5月13日号

いよいよ明日から両国国技館で5月場所が始まる。今年は稀勢の里の横綱になってからの初めての場所だけに期待は大きく「北斗の拳」でおなじみの漫画の化粧まわしを締めて土俵入りが見られる。そんな折、勤め先の年一回の会社慰安会が五浦方面の民宿1泊旅行が実施された。ブックオフの日立店で「北斗の拳」の漫画を買い求めようと入ったが既に売り切れで済みであった。あいにくの雨であったが相変わらずに魚尽くしの料理はどこの店でも食べられないぐらい新鮮で美味しく煮つけから刺身全てが最高であった。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年05月06日

平成29年5月6日号

5月3日の憲法記念日に突然安倍首相が記者会見をし、憲法論議の一番大切な部分、第9条、戦争放棄の項に自衛隊の存在違憲との長年の論争を1項と2項の他、第3項に載せ解決したい。それに教育の高校授業料を無償にする事。この2点にしぼって2020年のオリンピックの日に改定しようという国民的論議に載せたいとのこと。大変大切な問題提起である。三島由紀夫の自殺につながる大事な逆説ともいえる。大いに賛成である。今の政治家の人材不足の中で自民党一党支配と安倍さん人気のうちに出来る大切な改正案ともいえる。日本に今のところ安倍さんしかいないのではないだろうかと考える一人である。民進党の小沢氏もつまらぬ金銭問題でつまずきその後有力な首相は出なかったが小泉→安倍という保守党の天下につなげた日本人の政治感覚というものなのだと思う。安倍さんの次をもっと有力な人材が出ることを遺言としたいと思う。随分でかい事を記したものだと思うが、また来週からは読書について書いていきたいと思う。(父の37回忌に思う「徒然草」である)81歳になる7月も目の前である。元気にここまで生きられたのも父母のお陰なのだということだ。2年間一区切りとしながらここまで生きてしまった。山田風太郎を見習いたいものだ。5月5日の蛇祭りも無事終了し、天気にも恵まれのどかな祭日であった。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年04月29日

平成29年4月29日号

北朝鮮が核弾頭ミサイルの発射実験を日本の水域外でやられるのには困ったものだ。敵はアメリカだと言いつつ国際世論の中の第一の友好国の中国まで敵に回すような事になっては北朝鮮人民の「良心」をも敵にまわすことに金正恩代表は気が付かないのだろうか。ヒトラーになってはいけない。韓国と話し合い何れは統一する様、長い話し合いを重ねなくてはいけない。または、お互い北朝鮮と韓国を認め合い大衆民主主義にならなくてはいけない。台湾と中国の存在も2国が共存してよいのではないか。イギリス人を見習うべきである。(アイルランドの独立に向かう方向にならないよう時の政治家は賢明に努力しなくてはならない。)スイスのような平和国家を日本も目指さなくてはいけない。日米安保体制で暫くは日本も行くべき方向は20年以上変わらない。日本の政治家は利口に立ち回らなくてはいけない。今の憲法を守り、ソ連とも平和条約を結び北方領土問題も北海道の一部に両国民が自由に交流し、経済的にプラスになる方向をとることを考えること。時代は複雑に良い方向に向かうことを願う一人である
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年04月22日

平成29年4月22日号

明日は父の38回忌を取り行うとの弟との話しを私の聞き間違いで5月7日(日)に決定。兄弟達へ謝罪の連絡に追われた今週であった。もう37回忌などないものと考えていたが、突然寺の方から言われた時はショックであった。思えば私が43歳の時に父の契約名義の桐ヶ丘の団地撤退の為、浅草の店へ家族4人で父母の経営する飲食店へ同居して5年、次男の孫たちと同居するとは父も思いもしなかったと思うがその頃が一番幸せそうな父であったと思う。父母の協力のもと私の野木町の勤務先を朝5時起きで働き、妻も店の手伝いで一生懸命。その内、父母の店が時代の流れで商店街の買収運動が始まり最後まで地上げ屋交渉に私と兄が携わり父の浅草での30年間に別れを告げたのであった。金は残ったが持病の肝硬変が悪化で74歳の生涯を終えたのであった。お前も家を建てるのは早いが妻の実家近くなら安く出来るだろうから500万の遺産分与分足して土地50坪の上に27坪の2階建てを建てたのであった。あれから37回忌とは感慨深いものがある。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年04月15日

平成29年4月15日号

熊本地震から4月14日で一年がたった。震度7という大地震で未だに4万人の避難住民が仮設住宅で苦しい生活をしている現状。熊本城も復活させるには20年はかかるとか。世界の動きは米国のオバマ大統領からトランプ大統領に替わり米国一国中心主義の外交と経済の立て直しを次から次と新しい戦略を打ち出している。シリアへの科学戦略庫に59発のミサイル攻撃を突然開始したり、北朝鮮の核ミサイルの実験強行に、南シナ海の中国の動き、日本周辺の安全が脅かされている現状。日米の強固な安全保障体制の構築、森友学園の国有地の売却問題、東京築地の問題、小池都知事の都政の今後の問題、ベトナム人の幼女殺害事件、昨日犯人が逮捕されたと思ったら保護者会会長であったという衝撃的な犯人像。何とも言えない結末であった。

スポーツの世界では真央ちゃんの26歳の引退会見、WBCの野球で今年も準決勝で敗れたこと、サッカー界の頑張り、水泳界の我が小山市出身の萩原公介の活躍、相撲界の稀勢の里の横綱就任と最初の場所での優勝、それも千秋楽一日前の大怪我をおしての(優勝決定戦2回の北の富士との戦いにも勝利)まれに見る出来事にも出くわす80歳の自分であった。目まぐるしい出来事に私の頭はどうにかなりそうな今週である
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年04月08日

平成29年4月8日号

今週は先週の続き。高校時代からずっと61年間の「生」を読書生活とのつながり、精神面での中で如何に大きかったのかを知らされたのであった。その上、親戚の従妹の60歳のつれあいと、私の妻の妹の娘さんの死など、一昨年から昨年の一年間に立て続けの事件に見舞われた事、最後は昨年の11月16日の職場が火災にあい専称寺文庫の(弟の買い求めた40年で17万冊の内11万冊の貴重な本が入っていた)新館が全焼してしまった事、何という運の悪い80歳なのだろう。それからの弟の家族内の葛藤が今年の3月16日まで続いた。しかし焼け残った旧館の約6万冊で再建をはかり、続けることに弟は踏み切ったのだった。私個人はここで私設図書館の仕事から引退も已む無きと生殺しの状態から寺の掃除だけを続行するのであれば、辞める覚悟で今日まで過ごしている。焼ける前までの協力者(近所の人)学生アルバイト2名の計7名のうち3名は辞めていき、現在は5名で午前中にインターネットのみの活動を中心に続行中というところ。今後の動勢は何とも言えないというのが現実である。インターネットによるホームページの続行と。無料貸し出し文庫、アマゾンにダブル本の販売活動は続行とのこと。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年04月01日

平成29年4月1日号

一昨年の1月30日以来ブログの掲載を中断しておりましたが、その事で一言。私個人の精神的打撃が大きかった事を書いておきたいと思います。日記で記していますが、昨年7月27日で80歳という私個人の節目を迎える事と、50年という夫婦の金婚式が重なってしまった事と、私の妹の亭主となった61年間「凡友」T君が亡くなった事です。彼が心臓病で倒れ寝込んで10年間の闘病生活を続け、毎月1回〜2回赤羽まで見舞いに出掛けていた訳ですが、亡くなる最後の足立区の病院へ見舞った帰り際に小さな声ですが「もう来なくていいよ」と一言を残し、その日の夜20時に息を引き取ったという電話が妹から入った。長生きはしたくないものだと勝手に自分に言い聞かせていただけにショックは大きかった。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年01月30日

平成28年1月30日号

世界で想定外の琴奨菊の大相撲10年振りに日本人力士が初優勝。大の相撲ファンの自分としては栃の海以来の快挙に大いに拍手を送りたい。先週の出来事ではあったが先日の千秋楽に決まったのもスリリングな出来事で33歳という年寄り?!にかかわらず結婚式を前にしての優勝も立派な出来事であった。私もいつの間にか80歳にもなって元気に働いていられるのも自分なりの努力のたまものか?などと自負してみたくなるのである。両親から受けた「身体髪膚これ・・・」たまものである事に感謝の念を忘れる事なく墓参りは忘れぬ日々である。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年01月23日

平成28年1月23日号

年明け早々にスキーの為の観光バスが19歳〜21歳の若者が数15名も死んだのには驚いた。
大型バスの免許の取得は厳重なチェック体制を備えた会社にのみに観光業を許可して欲しいものである。交通事故の死亡事故は少しは減っているようだが警察に届けずに処理されているケースもあるとか?脱税で不良品を平気で店頭に並べたり、見切り品や賞味期限切れ商品を仕入れて販売させる業者が発覚したりで比較的うるさい国内でも行われたりしているのをみるとアジアはもっとひどいのではないかと想像したくなるものである。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年01月16日

平成28年1月16日号

トルコのイスタンブールにまでISテロ事件が及び、我が家の親戚でもどこか新婚旅行に行っているので日本人が狙われているかと思うと他人事でない気がする。我が家の娘の新婚旅行もイスタンブール行きであったことも思いだしたので尚更である。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年01月09日

平成28年1月9日号

実兄(83歳)がリハビリケア施設へ
昨年末から入院中であるが、その前に義姉はその前から階段から転げ落ち骨折していたことから夫婦で入院中と思っていたが初めて見舞いへ行ってきた。両人とも胃腸や心臓は異常なく食欲は旺盛な為、病院食だけでは不満なようであった。
旨い寿司を買っていったが喜んでいたのにはびっくりした。
日頃 ぜいたくをしているので難しいところがある為、いい事をしたとほっとしたものである。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年01月02日

平成28年1月2日号

明けましておめでとうございます。

昨年の紅白と他局の「宮本武蔵」をテレビで観ながらすごした。戦後70年を気にした紅白で見ごたえがあった。黒柳徹子の進行役はさすが私の年代だけあって立派であったが、はぎれの悪さや
頭の回転やしゃべるリズムはさすが年齢を思わざるを得ない。天下のNHKでの人選の「妙」は人材不足せいか。今の社会全体でも人材不足のせいかもしれない。もっと50代の活きのよい人がいくらでもいるように思えるが、いかがなものか。暮れに見た「戦場のメリークリスマス」の大島監督と気狂い役のB級戦犯役のビートタケシぐらいの役者が是非出て欲しいものだ。
posted by エンドー at 00:00| Comment(0) | 日記